半分、青い6話感想ネタバレ・若者無視のディティール「赤チン」登場!

半分、青い6話の感想あらすじです。ネタバレあり。なぜか川につかった律を背負って走るスズメです。ひざに「赤チン」を塗っていたのが衝撃の細かすぎるディティールでしたね。

スポンサーリンク

半分、青い6話のあらすじネタバレ・原田知世ちゃんのココア

川に落ちた律を背負って
律の家である写真館へ。

スズメは転んでひざをすりむきます。

原田知世ママは
律を叱ります。

そして糸電話を没収しました。


連続テレビ小説 半分、青い。 1 北川 悦吏子 作 NHKドラマ制作班 税込:1,188円

翌朝、原田知世ママが
スズメの家に乗り込んできます。

糸電話を持っているので
返しにきたのでしょうね。つづく。

スポンサーリンク

半分、青い6話の感想・懐かしい赤チン登場

今回も原田知世ちゃんが
きれいでした。

「みんなにはおいしいココアをいれるわね」
がブレンディのCMみたいでしたね。
すずめが膝に塗っていたのは
「まきゅろん」ではなく「赤チン」でしたね。

昭和の子供は
なんでもどこでも赤チンを塗っていました。

ある時、急に消毒薬が
透明な「泡立つオキシドール」
になって

へ?

と思ったほどです。

現在も赤チンはファンがいるため
製造されているそうです。

しかし、あれが「赤チン」だと

何人が気づくのでしょうか。

若者無視の

とことんこだわりの昭和ディティールで

突き進む「半分、青い」。

今後も楽しみですね。

スポンサーリンク