キャベツのポテトサラダ!土井先生の春レシピ【おかずのクッキング】

キャベツのポテトサラダって新鮮!キャベツサラダはおいしいですが、レシピのバリエーションが少なくなりがちですね。土井先生の『おかずのクッキング』を見ていたら、キャベツのポテトサラダを紹介していました。チョップドサラダみたいです。色が春らしくてきれいで、おいしそうでした。

スポンサーリンク

キャベツのチョップドサラダ風レシピ、途中コールスローサラダに変更OK

春キャベツは柔らかく甘くておいしいですね。

でも、水分がでるので、「さらす」といい感じになります。

おいしいキャベツレシピで、春らしいサラダを作りましょう。

細かく刻んだキャベツは、塩・酢・オイルと合えると
その時点でコールスローになるということです。

ケンタッキーのコールスローサラダが好きでよく買いましたが、
家でも簡単につくれるんですね。

番組では土井先生は芯がおいしい冬キャベツを使っていましたね。

スポンサーリンク

キャベツのポテトサラダレシピ、下ごしらえ「さらす」がポイント

キャベツのポテトサラダ、作り方は簡単なんですが、それぞれの素材のしたごしらえが
少し時間がかかります。


キャベツを刻む。まずは粗く千切りに、それをみじん切りにします。

濡らして絞った「さらし」にキャベツを包み、塩少々をふって軽くもんで
包んだまま水につけて絞る、を数回。
※この時点でドレッシングと合えればコールスローになりますね、と土井先生。


タマネギもみじん切りにして塩を入れてさらしで包み、少しもんで、水につけて絞る、を数回。これが「さらしたまねぎ」だそうです。

◎ハム、ゆで卵を小さく刻みます。
◎ジャガイモは大きめに切ってゆでます。ゆであがったらお玉などでつぶします。
※ゆで上がりのポイント串をさして持ち上げても、すっと落ちれば完成です。
◎すべての素材と、塩少々、マヨネーズ、黒こしょうをふって、テーブルへ。
◎食べる直前に目の前で合えるのがおいしいです。

ポテトサラダだと平凡ですが、キャベツを入れると食感が変わって新鮮でいね。
キャベツがないときはキュウリを入れる、とのことでした。

あんまりおいしそうだったので、家にある素材で
作ってみました。

タマネギは新たまねぎを使用したのですが、
新たまねぎはあまり辛くないので
あまり水にさらさなくていいそうです。

ブランチとしてトーストとココアでいただきました。
意外にポリュームがあるのでヘルシーなおかずになりますね。

番組では、木の器、木のサラダスプーンでした。
木の器で合えるサラダはおしゃれですね。

スポンサーリンク