砂の塔 第8話 感想 ネタバレ 家政婦のミタを彷彿とさせる松嶋さん

砂の塔、佳境に入ってます。

ここまできて、ようやくテーマが見えてきました。
「いじめ問題」のようです。

ママとものいじめかとおもいきや、
パパの取引先でのいじめだったり、

息子のことだったり、
誘拐された子のことだったり、

さらに刑事さんの子、

そしてそらちゃんまで幼稚園で。

なんかもう、日本社会は、いじめでできている。
というようなドラマでございます。

おにいちゃんの本当のママは
弓子さんだったわけですが、

盗撮していたのは、

息子かわいさに。だったようです。
そんなに溺愛しているのに、
手放さねばならなかった理由、というのが
次週告白される模様。

ちょっと「家政婦のミタ」のような展開です。

犯人は、当初の読みどおり、
やはり弓子ではない気がしますね。

いや、いまんところドラマ内では弓子があやしいと
思わせているわけですが。

ママ友いじめが減ってきて
視聴者かブーイング、だそうです。

たしかに横山さん、いい味だしています。

自分のわがままでコ-チがクビになり
ちょっとさみしそうな表情とか、いいですね。

「北の国から」
で、純くんのほっぺを
ふわふわのミトンでそっとさわる
横山さんを思い出します。

ただ、息子にせっかく「ママゴト」の演技派子役を
配してしたのに
使いきれなかった模様。

もったいない・・・。

コーチ、イケメンなんですが
本来のカッコよさはでていませんね。

たしかにストーカーみたい。
細マッチョなところもクローズアップされてないし。

三代目で踊っている方がカッコイイですね。

キャストが大物が多くて
なかなか、アピールできないところでしょうか。

コーチは、校閲ガールか、ガッキーの恋ダンスにでてもらいたいところです。

あ。校閲ガールはマズイのか・・・。

ともかく、ストーリーは佳境に入ってきております。
さまざまな謎が解明されてきます。
オリジナル脚本のようですが、なかなかよくできていますね。

[ad#ad-7]
スポンサーリンク