奪い愛、冬4話感想あらすじ水野美紀さん「違わないよぉぉぉぉぉぉ」

「奪い愛、冬」4話の感想です。
主人公たち以外キャスト、すでに人格崩壊しております。

水野美紀さんの恐るべき「おんな冬彦」化現象

80年代ドラマで、タイトルも忘れたのに
冬彦さんが木馬に乗って「むむむむむー!」
と叫んだシーンだけ覚えているのですが

それと似たインパクト。

あのドラマは不倫もので
主役カップルは賀来千賀子さん、布施博さんでした。

しかし、結局、冬彦キャラしか記憶にのこっておりません。

ああいう感じを狙っているのでしょうか。
脚本は、鈴木おさむさんです。

旬の大谷亮平さんが、どんなイケメンで登場するかとおもいきや、
ちょっともったいないコント形式です。

全員のキャラを濃く、異常に
デフォルメしすぎたせいで

スタート時の
「ちょっぴり冬ソナ」の胸きゅん感は、すでに

消え去っております。

ひたすら主役以外全員が「冬彦さん」

なのですね。。。

でも、おもしろくて、つい見ちゃう

この時間枠は関西地方では関東より一時間遅く、
「探偵ナイトスクープ」直後にはじまります。

だから関東より、
さらに芸人臭がぷんぷんするのかもしれません。

だって、間寛平さんか、深夜にいろんなお宅へ
上がり込む企画の直後に

水野美紀さんの「ここにいるよー!」
バーン。
とロッカーから出てきたりすると・・・。

吉本新喜劇かと思いますやん。。。

奪い愛、冬4話のあらすじは・・・※ねたばれあり

温泉旅行に行く倉科カナちゃんと三浦翔平くん。
婚前旅行ですね。

でも旅館には三浦翔平ママの榊原郁恵さんが

でーん、と旅館の浴衣を着ていらっしゃいました。

水野美紀さんはホテルの物入れに倉科カナちゃんが
隠れているのを知っていたみたいで・・・

今夜は友達のところに泊る。
と嘘をついて

リビングのロッカーに隠れます。罠です。

部屋には隠しカメラが。。。

そこへ風邪をひいた大谷亮平さんと
心配した倉科カナちゃんが・・・。

水野美紀さんの策略通り大谷亮平さん夫と
元カノ倉科カナちゃん不倫キス。

で、ふたりのキスシーンを録画した後、満を持して水野美紀さん登場。、

「ここにいるよぉぉぉぉぉぉぉーーー」

とロッカーから、ばーん、と出てくるのです。

うわっ。笑えました。でも、ドラマとして
リアリティはゼロですね。
インパクト、という点ではいいと思います。

「違わないよぉぉぉぉぉ」のセリフに至っては
水野美紀さん、なんか半笑いになってんすけど。。。

逆にこわ。。

そして次回予告キーワードが、どーん!

「崖の上の復讐」

ポニョか!

と、ツイッターで一斉につっこまれていたことをお伝えしておきましょう。

とりあえずハッピーエンドにしてほしいんすけど。。。

奪い愛、冬4話感想・水野美紀さん「スパイが見張ってるよぉぉぉ」

奪い愛、冬3話感想・壊れはじめた三浦翔平くんのフラッシュモブ

2017新ドラマ「奪い愛、冬」おすすめ。三浦翔平、逃げ恥大谷亮平!旬イケメンで高視聴率予想

スポンサーリンク