左江内氏ドラマ最終回感想・小泉「菅田将暉より山崎賢人の方が好きだしぃ」

スーパーサラリーマン左江内氏ドラマ最終回感想です。最終回新キャストは菅田将暉くん。最終回あらすじとか、もはやハチャメチャでコントなのかSFなのかよくわからなかったですがともかく笑えました。菅田くんはダンスも上手でしたね。チョイ役ですが強烈に可愛い子役、嶺岸煌桜くんも登場して楽しめました。

スポンサーリンク

左江内氏ドラマ最終回感想・菅田将暉「イケメンですいません」に爆笑

左江内氏最終回キャストはラスト5分程度ですが菅田将暉くんです。

いままでの菅田くんとはまた違うイメージです。ちょっとCMに近いかな。
小泉今日子さんにドロップキックを入れられてふっとびながら、
「イケメンですいません」とか言ってて笑えました。

さらに「ボク菅田将暉に似てるっていわれるんです」
小泉「ちっとも似てねえし、山崎賢人の方が好きだし」
と言われて傷つく・・・みたいな。。

山崎賢人くんというのは「国宝級イケメン」に選ばれた

旬のイケメン俳優さんです。朝ドラ「まれ」で大ブレイク、

「好きな人がいること」にもご出演されていましたね。

それはともかく、バスのシーン、面白かったですね。

菅田くんはエンディングダンスのキレもよかったです。

結局どういう役だったのかはよくわからなかっですが。

ラスト数分だけ菅田くんを起用するとか、贅沢な左江内氏ドラマでした。

左江内氏ドラマ最終回子役キャスト嶺岸煌桜(みねぎしきあら)くんが超可愛い

左江内氏ドラマは子役の横山歩くんがマジで可愛いので
ついつい観てしまってましたが、

最終回にちょっとだけ登場した男の子が
超可愛いのでびっくりしました。

「砂の塔」にもご出演だったとは気がつかなかったですが、
あんまり可愛いのでにこにこしてしまいました。

もちろん横山歩くんも可愛いですが。

もっと小さくて赤ちゃんみたい。監督は子役選びが上手ですね。

左江内氏ドラマ最終回あらすじ(ネタバレ)佐藤二朗=キャプテンマンってなんすか

これまで毎回ちょっとだけ登場していた
「佐藤アドリブ劇場」。

なんと最終回はめっちゃメインです。

それも「謎のフリーター」という役だったのが

実はスーパーマンたちを統括する

「キャプテンマン」だった。。

って、なにそれ・・・。

妙な小さい円盤の乗って移動している妙なヒーローです。

パーマンみたいなヘルメットをかぶっていましたね。
で、最終回あらすじは‥

もや夫のゲームソフトを買うために
電気店に徹夜で並ぶ左江内氏ですが、

接待ゴルフとバッティングしているので買えませんでした。

夜、ゲームソフトを探しまわっているうちに、

ベランダから落ちそうな子供を助けるのに手間取ります。

左江内氏はショックでもうスーパーマンをやめようと決意。

すると自分の会社の席には佐藤さん、家にも佐藤さん、
と居場所を乗っ取られています。

「世にも奇妙な物語」みたいなSF展開だな、と思ったら、

佐藤さんは実は「キャプテンマン」だったという展開。。

妙なかぶりもので登場、
「世にも奇妙な物語」テイストは打ち崩されました。

へんな円盤で飛んでくるんですがめちゃくちゃ強い。

これまで毎回いろんな職業で登場したのは、

左江内氏のスーパーマンとしても資質をテストして
監視していたとのこと。

へーーー。

そのとき。

バスを菅田くんが乗っ取って、そこに小泉さんが乗っているのを知った
左江内氏が再びスーパーマンに。

しかし、犯人菅田くんをやっつけたのは、小泉今日子さんでした。。。

小泉「だんなを殴っていいのはあたしだけなんだよっ」というお話でした。

ムロ刑事もひきずるほど長いネクタイをして、
ネクタイは回ごとに伸びて、ものすごく長くなっていましたね。

ドラマ終了後から「小池刑事の取り調べ室」
というオリジナルストーリーHulu配信される、ということでした。

イベントみたいに楽しいドラマでしたね。
最終回で小泉今日子さんの夫婦愛も見えてほのぼのしました。

パート2は深夜放送で観てみたいなあと思います。
というわけで、スーパーサラリーマン左江内氏ドラマ視聴完了いたしました。

スポンサーリンク

【関連記事】

左江内氏9話ドラマ感想・課長といえば島耕作!やっぱり宅麻伸キャストで登場[あらすじネタバレ]

左江内氏ドラマ8話感想・嫁小泉今日子が面白い×特別キャスト永野芽郁

左江内氏6・7話ドラマ座談会動画・小泉今日子にアドリブでキス?!

左江内氏4話感想・小泉今日子さん「おねやいしゃっす」が激カワ

2017冬新ドラマ「スーパーサラリーマン左江内氏」初回感想とあらすじ。逃げ恥パロディ満載!小泉今日子さんぱるるちゃんカワイイ。

スーパーマン左江内氏ドラマ5話感想・本田翼ダンスとキョンキョン極妻