永野芽郁とは?出演作品は?朝ドラマ「半分、青い」ロケ地は岐阜県


永野芽郁さんが次の次の朝ドラヒロインに決定しました。これまでの出演映画やドラマをご紹介しておきましょう。そして朝ドラ「半分、青い」のあらすじは?ロケ地は脚本・北川悦吏子さんの出身地でもあるところが予定されています。ジャニーズ伊野尾くんと噂は気になりますが清楚なイメージの18歳でクランクインしてくれることでしょう。

スポンサーリンク

次の次の朝ドラ「半分、青い」ヒロイン決定【永野芽郁さんとは】

18歳の女優さんです。
「ながの・めい」さんと読みます。
東京でスカウトされ子役で芸能界入り。

小学生の頃からりぼんの専属モデルするなど子供時代から活躍、
現在はセブンティーンのモデルもしながら、
女優としていろんなドラマに。

映画にも「るろうに剣心」「ビーチガール」などに出演。

この秋公開の「ミックス。」も出演予定されています。

テレビドラマでは、深夜ドラマだった「こえ恋」で、
なんか、感じのいい女子やなあ。
と思っていたのですが、

「スーパーサラリーマン左江内氏」では
ゲスト出演していてやっぱり、
ほのぼのとしたキャラクターで印象的でした。

超絶美人というわけではないですが、
おっとり、ほのぼのとした都会的ではない雰囲気が
親しみがあって朝ドラにはぴったりですね。

これまでのおもな出演作

【映画】
「ゼブラーマン」
「るろうに剣心」
「俺物語」
「帝一の國」
「ビーチガール」

【テレビドラマ】
「八重の桜」
「真田丸」
「表参道高校合唱部」
「いつかこの恋わ思い出してないてしまう」
「こえ恋」
「スーパーサラリーマン左江内氏」

主演・永野芽郁さんの役柄は「半分、青い」あらすじ

昭和46年に岐阜で生まれ、
小学生で左耳が聴こえなくなるという障害を乗り越えて上京、
漫画家をめざして挫折し、
結婚出産離婚を経てシングルマザーとなり
故郷へ戻り大発明をして、
というようなさまざまな出来事があり、
その中で明るく生きる、という朝ドラらしいストーリーとなっています。
時代背景は「バブル」。
東京のバブル期が描かれるのも興味深いところですね。

けなげに生きる雰囲気が
永野芽郁さんによく合っているな、と思います。

スポンサーリンク

「半分、青い」ロケ地は脚本・北川悦吏子の住む東京と出身地岐阜

ヒロインの出身地でもあり、シングルマザーとなって
出戻るのも岐阜県。

ロケ地は「東濃」とよばれるあたりだとか。

陶器の多治見市とかがある
山や川のある風景の美しいところですね。

脚本の北川悦吏子さんの
ご出身は岐阜県美濃加茂市だとか。
長良川が美しいですね。

クランクインはこの秋からなので、

いまロケハン真っ最中、というところでしょうか。

岐阜県は本当に風景が美しいところです。
新緑の季節など緑が目にしみるほどですし、
川は澄み、鮎がおいしいですね。

ストーリーだけでなく、ロケ風景も楽しめそうですね。

まとめ

◎次の次の朝ドラ「半分、青い」ヒロインに永野芽郁さん
◎映画ドラマですでにご活躍
◎ロケ地は東京と岐阜

スポンサーリンク

北川悦吏子恋愛ドラマ作品胸きゅんランキング【来春朝ドラ脚本】