わろてんか5話感想ネタバレ・めがね男子千葉雄大が本日も美しい

わろてんか5話感想あらすじねたばれありです。やっと笑い禁止令がとけました。てんちゃんよかったですね。

スポンサーリンク

わろてんか5話感想「めがね男子」千葉雄大が美しい

5話はほんわか人情展開でしたので
スムーズでした。

千葉雄大の静かな演技が
美しかったですね。

やはり

ドラマの中で千葉雄大の役って

とても重要です。

てんちゃんや福ちゃんみたいに
小さい子が悩むのは
見ていてつらいので

なんとなく丸くおさまって
ほっとした回でした。

視聴者のみなさん、

ここ、笑うとこですよ~!

というパートがなかったのも

スムーズでした。

千葉雄大に多くの女性が

注目してしまうのは

たぶん、

あのタイプに弱いひとが多いからだと思います。

頭がよくて線の細いピュアな「めがねくん」。

文芸少女がハマるひとつのタイプですね。

小さいころ「陸奥A子の少女マンガ」に登場する

読書好きの秀才でいつも静かなめがね男子が

めがねをはずすとめっちゃハンサム!

という漫画が

めちゃくちゃ好きでしたが

出典:陸奥A子ベストセレクション【楽天】

そのせいかもしれません。

スポンサーリンク

わろてんか5話あらすじ・てんちゃんは笑顔が似合う

酒をこっそり飲んでいた
父親。

理由は

仕事がうまくいかないせいでした。

てんちゃんは、
ドイツさんとの商談を
ぶちこわした自分のせいだと思い、

福ちゃんと
ドイツさんに
土下座してあやまりますが

言葉が通じませんでした。

ドイツさんも、
冷たいよね。

そのころ

喘息で禁止されていた
勉強をはじめた

お兄さんは
自分が
しっかり勉強して

跡をつぐから。

父親に宣言します。

また、

てんは
自分のせいで

父親がお酒をのみはじめたことに
心を痛めて申し訳ない

と父親に土下座して

あやまります。

父親は

実は子供思いです。

すぐ心が揺らいで改心しました。

もうお酒は飲まない。

てんにも笑い禁止令は
解除しました。

父娘のシーンは
よかったですね。

ラスト20秒

舞台そでで

「義士」と「しし」を

松坂くんが「ききまつがい」で

しし役で登場して

舞台をぶち壊すシーンでしたが

ナレーションで

「聞き間違ったのでした。。。」

という説明のみ。

「?」

ここ、笑うとこだったのかな?

ともかく

てんちゃんは

松坂桃李くんと再会したのでした。

スポンサーリンク