「あなたには渡さない」vs 観月ありさドラマ「隠れ菊」あらすじ

深夜の土ドラ「あなたに渡さない」が初回視聴しました。開始5分で「これ前に見た・・・」と思ったのですが2年前のBSドラマと同じ原作でした。主演は観月ありささん。タイトルは原作と同じ「隠れ菊」。今回はBSドラマとあらすじは違うのでしょうか。

スポンサーリンク

NHK-BS 観月ありさ版ドラマ「隠れ菊」あらすじ・ネタバレあり

とりあえず、観月ありさ版BSドラマのあらすじを書いてみました。

BSドラマ「隠れ菊」あらすじ・ネタバレあり

上島通子(観月ありさ)は、浜名湖畔の老舗料亭『花ずみ』の嫁だが、
先代女将キク(松原智恵子)から家庭を守るよう言われ続けて料亭には行ったことがなかった。

2人の子の母親として17年の間、専業主婦として平凡に過ごしていたが、ある日、

夫・旬平(前川泰之)から酒造メーカーの社長の観光を頼まれる。
しかし現れたのは愛人の矢萩多衣(緒川たまき)で

「ご主人をいただきに参りました」

と離婚届を渡す。

通子は、夫・旬平に
離婚する代わりに『花ずみ』の女将になると提案。

だが、料亭『花ずみ』には多額の負債があり倒産する。

通子は愛人多衣から金を借りて、小さな料亭を開く。

ほのかな恋心をお互いに持っている会社社長・笠井(筒井道隆)の応援で
新生『花ずみ』は誕生。

通子はイキイキと仕事をこなし
女将としての才能を開花させ始める。

子供たちはそれぞれ独立、
夫は愛人に捨てられて放浪、

愛人は若い恋人ができた。

夫は地方の食堂でやさぐれていたところを
通子が迎えに行く。

夫は「花ずみ」の板前として働く。

そのころ
社長・笠井は失業して行方をくらます。

果たして

夫婦が元に戻るのか
愛人が夫に戻るのか
それとも・・・

このあと最終回となります。

スポンサーリンク

クセが強い女優陣の濃い演技対決

本日初回の「あなたには渡さない」は

木村佳乃さん、水野美紀さん、田中哲司さんら
年齢をひとまわり上げた感じですね。

どろどろな夜ドラ枠なので
どーかなーと思ったら、

ナレーションが

大映テレビの「赤いシリーズ」みたいでした。

ファーストシーンで
「これ、原作、隠れ菊やな・・・」
とわかったのですが

BSドラマと小説は少し違ったようなので
今回も、違い脚色かもしれませんね。

「奪い合い、冬」で狂気の演技だった
水野美紀さんと

「女優・杏子」で破壊的な演技だった
荻野目慶子さんの

「僕のヤバい妻」でこわかった
木村佳乃さんの

「クセが強い」キャスト対決なので

どう展開するかわかりませんね。

しかし・・・

田中哲司さんが指をなめたときは

「なんやねん・・・それ」と

演出に突っ込んでしまいました。

スポンサーリンク