やすらぎの郷ドラマ42話感想あらすじネタバレ・冨士真奈美さん登場

(c) .foto project

やすらぎの郷ドラマ42話の感想あらすじネタバレありです。新キャスト冨士真奈美・津川雅彦さん登場です。大御所ばかりで、みんな一緒に画面に入ると濃いですねー。低迷する「ビーテレ」のテコ入れはうまく行くんでしょうか

スポンサーリンク

やすらぎの郷ドラマ42話感想・今週のゲストは冨士真奈美・津川雅彦さん

今週から新キャスト登場しました。
冨士真奈美さんと津川雅彦さんです。

冨士真奈美さんか吉行和子さんは
出るかもなーと思っていたのですが、

やっぱり大女優役で登場しましたね。

みんなに嫌われている役なんですね。

冨士真奈美さんといえば、
どうしても記憶にあるのが
昭和の大ヒットドラマ「細腕繁盛記」の嫌われ小姑役です。

セリフには必ず「~ズラ」という方言のある
キョーレツな意地悪な役でした。

あとは「ママはライバル」という
コメディの「家政婦は見た」的な
隣のおばさん?みたいな役です。

小さい頃に見ていたのでどういう
ストーリーだったか忘れましたが、

確かママ役は純アリスさん
現在三浦浩一さんの奥様ですね。

ともかくかつてのドラマの中で

「冨士真奈美の存在感」は
ピッタンコカンカン以上

のものがありました。

やすらぎの郷ドラマ42話あらすじネタバレ・「ビーテレ」のテコ入れ番組「しのぶの庭」

低迷する「ビーテレ」のテコ入れのためにハワイから呼び戻されたプロデューサーが
津川雅彦さんです。一緒にやすらぎの郷へ遊びに来たのが意地悪で有名な大女優役の冨士
真奈美さんでした。

やすらぎの郷は、連休中ハッピーな家族は子どもたちや孫が遊びにくるというのに
孤独な老人は部屋にこもって過ごすという「やすらげない郷」となっています。

その上、嫌われ者の大女優、犬山小春が来ている、ということで
みなさんわさわさしておりますね。
これ、やはりモデルがいるんでしょうね。

津川プロデューサーは
かつての人気番組「しのぶの庭」を
復活させたいと言いました。

スポンサーリンク

ツイッターでは、「ビーテレ」が話題に

(c) .foto project

ドラマに登場する「低迷するビーテレ」

ツイッターでは

■Bテレの「B」の形があるチャンネルの数字に似ている
■「ベイエリアテレビ」の略では
■「bee(蜂)」のことでは

って、みんなおんなじ局のこと
ゆってるんちゃいますのん・・・

ともあれ

「低迷する」あの「テレビ局」をテコ入れするため
呼ばれた老プロデューサーの提案は

かつての番組
「しのぶの庭」
の復活でした。

しのぶ、しいうのは有馬稲子さんの役で
かつて大人気歌手でいまは少し認知症が
はじまっているという役ですね。

「しのぶの庭」は

やはり
「徹子の部屋」とか
「リュウズバー」

みたいなトーク番組かな。

レギュラーキャストもビッグならゲストもビッグ。

出演者だけで大河ドラマができますね。。。

スポンサーリンク

やすらぎの郷ドラマ30話感想あらすじねたばれ・小説「壊れたピアノ」の真相

コメント

  1. ru-chan より:

    こんにちは。
    パワハラ指切断でおなじみのド屑県香川のド屑企業フジフーヅでございます。
    裁判も会社ぐるみで偽証をして無事乗り切ったド屑でございます。
    餃子シュウマイなどをスーパーで販売しております。
    店頭で見かけましたらそのときはご購入のほどどうかよろしくお願い致します。