ビタペディア【関大前】人気カレー屋さんの場所は?「タンダーパニー」


ビタペディアというローカル番組があります。大阪中心にアポなしで食べ歩きする番組です。タレントは、まいことお兄ちゃんのコンビ「ビタミンS」さん。ゆるくてほのぼのしているのでよく見ています。本日は「関大前」。

スポンサーリンク

タンダ―パニ―のチキンカレーがめちゃおいしそう

関西大学の前の通りを「関大前通り」
と呼びますが、

そこに昔からあるカレー屋さんが「タンダーパニ―」
オープンしてからすでに27年が経過しています。

チキンカレーがメインなんですが、
ランチタイムだけで売り切れて閉店することも
あるという人気店。

卒業生が飛行機で食べに来ることも
あるそうです。

なにをかくそう、私も

「ゆりやんレトリィバア」と同じ関大出身なのですが

カレー屋さんへは言ったことがありませんでした。

タンダーパニーのは「薬膳カレー」だそうで
いろんな野菜が煮込んであるのだとか。

スパイシー。

そして軟骨まで柔らかくなった
チキンが乗っています。

食事前にフルーツが出て、
血糖値の急激な上昇を抑える、

途中、血液サラサラの
スライスたまねぎをトッピングするなど
学生の体のことも考えてくれているのですね。

タンダ―パニ―
住所
大阪府吹田市千里山東1-18-3 エリータ関大前 1F
電話
06-6387-0389

営業時間
11:30~14:30 17:00~19:00(L.O.)
定休日
水曜日

スポンサーリンク

フタバボウル健在

駅前のフタバボウルはまだありました。
ビタミンSさんたちが

ボウリングをしていました。巨大で近代的なんですね。

このボウリング場には
行ったことがあるのかないのか忘れましたが

下に

「サンドイッチ伯爵」という
画期的なサンドイッチ屋さんが
あったのはよく覚えています。

自分で好きな具をはさんで
サンドイッチを作って食べるんですよね。

自分で食パンを皿にのせて、

トレ―をスライドさせながら

ツナマヨや
コンビーフマヨを

どっさりはさんでセルフで作って食べる、

丸亀製麺のサンドイッチ版みたいな
斬新さ!

友達とよく食べた記憶があります。

無国籍料理「ケープコッド」は関大アメフト出身オーナー

「ケープコッド」は前をよく通ったのですが
ついぞ入ることはなく、

番組ではじめて中を見ました。

ピザやカレーナンが
とてもボリュームがあっておいしそうです。

私は

「ドールハウス」の黒い鉄板にのった薄いお好み焼き
「クリニャンクール」のアイスティ
「若草」のポパイ定食
「王将」で後輩におごったとか
「白い館」のチャーハンとか
「千成」のコンパとか
記憶にあります。

そして、ほとんど内装は忘れてしまったけど
すごく「おしゃれ」と当時感じた
「レインツリー」だったか「レインドール」だったか

そういう名前の喫茶店。

当時あったお店は現在ほとんどないようで
今はチェーン居酒屋の
赤ちょうちんがひしめきあっていますね。

おっちゃんの街、新橋みたいですね。

ものすごく変わっていて
びっくりしました。

自分は

第一グラウンドの階段で
昼寝や読書をしたり
後夜祭のキャンドルを揺らし

学園座の芝居を見、

各喫茶店で「大風呂敷」
という手作りの学生新聞を読んだ世代。。

これだけで同世代やん、と直感する方はいると思います。

本日はビタミンSのまいこさんはお休みでした。
ちなみに

「ビタペディア」という番組は
eo光ネットで見ることができます。

スポンサーリンク